2019年度のインフルエンザワクチンの接種は10月1日(火)から1月10日(金)を予定しております。接種ご希望の方はインターネットでのご予約をお願いします。9月20日に予約受け付けを開始となります。ネットでの予約がいっぱいの場合はお電話をいただきましても予約をお取りできませんのでご了承ください。問診票をダウンロードしてご記入いただけますと待ち時間を短縮できますのでお急ぎの方は是非ご利用ください。料金は1回4000円+税となっております。

MENUメニュー

ABOUT予防接種について

インフルエンザの予防接種について

インフルエンザウィルスの遺伝子は変化しやすく、以前にかかったときの免疫が効かなくなってしまいます。そのため毎年インフルエンザワクチンを接種する必要があります。毎年1千万人がインフルエンザに感染します。特に高齢者や肺や心臓に病気のある方、糖尿病の方などがインフルエンザにかかると入院になったり最悪の場合は死に至ることがります。お子様ではインフルエンザに合わせて脳の病気が起こることがあり死亡や後遺症が残る場合があり特に注意が必要です。予防接種はインフルエンザの感染を防ぐ最も有効な手段です。

接種回数について

13歳未満は2回接種、13歳以上は1回接種となります。ただし患者様の状況に応じて13歳以上でも2回接種をお勧めする場合があります。

予防接種の効果について

成人におけるインフルエンザの発症予防効果は、ワクチン株の抗原性が流行株とよく一致している場合は70~90%と考えられています。インフルエンザにかかった場合も症状の重症化を防ぐ効果があります。

日常生活での予防法について

日ごろから体調を整えていくことが大切です。睡眠時間の確保や栄養をしっかり取るようにしましょう。インフルエンザが流行している時期は人が大勢集まる所にはできるだけ近づかないようにしましょう。帰宅後は手洗いうがいをすることが大切です。アルコール消毒液で手を消毒することも効果的です。

インフルエンザHAワクチン製造株の紹介

2019年度
A型株
ブリスベン(H1N1)・カンザス(H3N2)
B型株
プーケット(山形系統)・メリーランド(ビクトリア系統)
2018年度
A型株
シンガポール(H1N1)・シンガポール(H3N2)
B型株
プーケット(山形系統)・メリーランド(ビクトリア系統)
2017年度
A型株
シンガポール(H1N1)・香港(H3N2)
B型株
プーケット(山形系統)・テキサス(ビクトリア系統)
2016年度
A型株
カリフォルニア(H1N1)・香港(H3N2)
B型株
プーケット(山形系統)・テキサス(ビクトリア系統)
2015年度
A型株
カリフォルニア(H1N1)・スイス(H3N2)
B型株
プーケット(山形系統)・テキサス(ビクトリア系統)

Price費用・料金・値段について

費用・料金・値段について

年齢区分
費用
生後6か月〜64歳
4,000円+税
静岡市在住の65歳以上
1,650円

※6ヶ月〜12歳(小学6年生)は2回接種となります

FLOW当院での接種の流れ

受付・問診票の記入

受付のスタッフに保険証をお渡しください。お子様は母子手帳もお渡しください。受付後待合室にて問診票を記入していただきます。事前に記入してお持ちいただけると待ち時間が大幅に短縮できますので是非ご利用ください。

事前の記入で待ち時間が短縮!! 問診票ダウンロード

中待合室へご案内

順番が近づきましたら中待合室にご案内します。二の腕に注射しますので上着を脱いで袖をまくってお待ちください。

問診の確認・ワクチンの接種

診察室内に入りましたら問診の確認を行いワクチンの注射を行います。腰に手を当てて接種する部位を前に出してください。ワクチンの接種部位にばんそうこうを貼ります。注射した部分は揉まないようにお願いします。

お会計

予防接種が終わりましたらお会計となります。お声掛けしますので待合室でお待ち下さい。お会計が終わりましたら終了となります。

接種回数

・0~12歳は2回
・13歳以上は1回または2回
となっています。
2回接種する場合は2週間から4週間程度間隔を空けることをお勧めいたします。

Maternity妊娠・授乳中の方のインフルエンザ予防接種について

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンですので妊婦さんへの接種は可能です。ただし妊娠初期は自然流産の可能性も高い時期であるためこの時期の接種は避けたほうが良いでしょう。授乳中のワクチン接種に関しては乳児に与える影響はないと考えられているため接種可能です。母体にできた抗体が母乳を通して乳児に移行することの効果は期待できません。

FAQよくある質問

A 一般的には効果的な接種時期は、流行期が通常12月から翌3月頃ですので、これに備えて1月中旬までには接種が終了するような接種計画を組むことをおすすめします。

A 65歳以上の人は1回接種で充分効果があるという報告があり、1回接種でよいと考えられます。13歳以上65歳未満の人については、前年にインフルエンザにかかっていたり、予防接種を受けている人は、1回接種でも追加免疫の効果で充分な免疫が得られる方もあると考えられます。接種回数が1回か2回かの最終的判断は接種する医師の判断によりますので接種する医師にご相談下さい。

A ワクチンは鶏の卵で増殖したインフルエンザウイルスを原材料として製造しています。微量の鶏卵成分が残存し、これによるアレルギー症状がまれに起こることもあります。
また、卵アレルギーの人は接種要注意者に該当しますので、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を行い注意して接種する必要があります。

A 鼻汁中のインフルエンザ抗原を短時間で検出できる診断キットを使用します。
鼻の中を綿棒でこすり鼻水を採取し検査を行います。およそ5分で結果が出ます。

A インフルエンザは、くしゃみ、咳により空気中に放出されたウイルスを鼻で吸い込むことにより感染します。インフルエンザウイルスは小さな粒子で、マスクの隙間をくぐり抜けてしまい、マスクでは感染を防止することは不可能です。

喉の粘膜に吸着したウイルスはすぐに細胞に侵入するため、うがいだけでは感染したウイルスを流すためには完全とは言えません。手洗いは付着したウイルスを洗い流し、体内への侵入を防ぐためには有効です。

A 1歳以上~6歳未満では、ワクチンを接種するとインフルエンザ発病を予防する効果があります。
生後6ヶ月未満の場合はワクチンの効果や副反応がはっきりしていないため接種しません。母親からの免疫もありますので不要と考えられます。

A インフルエンザのワクチンは何科で受けても問題ありません。当院ではインフルエンザの検査、治療も行っておりますので安心して予防接種をお受けください。

A インフルエンザのワクチンは不活化され病原性がなくなっています。ワクチンが原因でインフルエンザを発症することはありませんので安心して予防接種をお受けください。

A 予防接種を受けて1,2週間で抗体が上昇し始めます。

A およそ5か月程度効果が持続します。

A インフルエンザウイルスは毎年のように変異して流行しますのでワクチンは毎年そのシーズンの流行を予測して製造されます。また効果も5か月ほどで薄れますので毎年接種することをお勧めしています。

A 接種当日は激しい運動は避けてください。

A 腫れることがありますのでもまないようにしてください。

A 当日の体調を見て判断します。通常は37.5度以上熱がある場合は接種できません。

A うがい手洗いをよくおこない、室内をよく換気してください。また、乾燥するとウイルスが繁殖しやすくなりますので加湿器などの使用をお勧めします。

A 6か月から接種可能です。

A はい、もちろん接種可能です。

A ワクチン接種後1時間経過すれば入浴可能です。

ACCESS当院について

〒422-8042
静岡市駿河区石田3-12-30

054-201-9070

診療時間
9:30~12:30
14:30~17:30

☆は9:30~13:30まで診療
受付時間 平日9:15~12:15 14:15~17:15
土曜9:15~13:15
※診療時間の15分前までにお越しください。

ほんまファミリークリニック

パソコンでもスマホでもOK!

24時間受付中! WEB予約

ファミクリ予約ページはコチラ

お問合せはこちらから

お電話でのお問合わせ
平日9:30~17:30

054-201-9070

初めての方も安心してご来院下さい